What's New

« 2月8日【利唄】@FREE FACTORY | メイン | 袋を創ろう »

こだわりの表紙 /youhei

[ 2007.1 月.25 ]

お久しぶりです。ようへいです。
先日、新刊『自由への扉』の制作作業が全て終了しました。
あとは本が出来上がってくるのを待つだけ。
出産間際のお父さんの気持ちです。

今回の本も、たくさんのこだわりを詰め込んで創り上げました。
せっかくなので、そのうちのひとつを紹介します。



本のカバーを外したら現れる「表紙」と呼ばれる部分。
ここは通常カバーで隠れているので、あまり目に付かないところです。
人によっては、一度も見ないかもしれません。
でもA-Worksは、この「もうひとつの顔」とも言える表紙にもこだわっています。

今回の場合は、超アナログ作業から始まりました。
以下、表紙が出来上がるまでの工程を簡単に紹介します。

①【アナログ作業で、元となるボードを作成】
ダンボール・梱包紙・色紙・使い古した布ヤスリ・洋服のタグなど
身の回りにあった素材を、ベニヤ板にペタペタと貼り付けます。
(デザイナー・ミノルが、夜中にひとり部屋の中でチビチビと)
それで出来上がったものがこれ↓
20070125185008

②【画像データとして取り込む】
このコラージュで出来上がった、素敵なボード(元ベニヤ板)を、
スキャナーで取り込み、画像データにします。

③【データとして創り込む】
画像データを、PC上で微妙に色調整し、
本の背に当たる部分にタイトルや著者名、AWマークを、
ステンプで押したように載せます。

④【印刷所へ。色校正】
そうやって出来上がったデータを、印刷所に入稿します。
印刷する用紙は、前もって選んでおいた「Fボード」というボード紙。
出力指示は以下の4パターン。
●4色印刷のみ。
●4色印刷のあと、ニス加工。
●下地に白100%をひいて、4色印刷、その上でニス加工。
●下地に白100%をひいて、4色印刷(ニス加工なし)。

⑤【再度、色校正】
数日後、印刷所から出力されてきた4種類の色校正を確認。
20070125185347
それを見て、再度印刷所へ。
下地にひく白を30%で、再度色校正を出してもらうことに。

⑥【決定→印刷へ】
数日後、印刷所から「白30%」で出力されてきた色校正を確認。
若干白が弱い気がするので、「白50%」で最終的に決定。
印刷所へ指示を出し、終了!

⑦【完成】
本となって出来上がってくるのは、1月31日です。
今は待っている状態! う~ん、楽しみ!


・・・とまぁ、こんな感じで創られています。
いや~長くなった。
簡単に紹介、と言ったわりに分かりにくくてスマン!

『自由への扉』を手にしたときは、上記のドラマを想い出しながら、
カバーをそっと外して、もうひとつの顔・表紙を見てもらえると嬉しいです。

posted by youhei | comment (2) | trackback (1)

トラックバック

Listed below are links to weblogs that reference こだわりの表紙:

» ☆自由への扉☆ from Cafe Style
本日発売の高橋歩氏の新作 『自由への扉』 もう見ましたか? 私は、午前中にゲットしました。 今回もアートな写真がたくさん使用され 思わずうなる著者の感性。 チカラ強いメッセージが正直言って嬉しかった(笑) 単行本の領域を超えたスーパーブックですね。 ま..... [続きを読む]

コメント

youhei

そうなんですよ。
本、楽しみにしておいてくださいね。

福岡は僕もスタッフで行きます。
お会いできるのを楽しみにしております!

erimi

こんな作業から、
お洒落でかっこいい作品が生まれていくんですね!
ただ写真に見えるものも、
こんな手作業から始まってることがあるんだなーと知ることができておもしろかったです!

『自由への扉』を手に入れて、福岡のトークライブにも行く予定なので楽しみです!はやく表紙も見てみたいです☆

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。