What's New

« ビーチロックないと | メイン | つくる、つくる、またつくる。その2 »

つくる、つくる、またつくる。 /minoru

[ 2009.8 月.11 ]

20090810_1

ONE PLUS ONE.
ワンプラスワン=相棒。
次は森永さんと創る本だ。ただいま、猛烈作業中。
これはその本の中で使うビジュアル。の、加工前の図。
これをちょちょちょいと加工すると・・・

20090810_2

とまぁ、こんな感じになった。
さて、これがどこに使われるのか?

ここにちらほら見えるいろいろな名前。これが今回本に登場するみなさんです。
ものすごいメンツ。素敵でカッちょい〜人たちばかり。
彼(彼女)らがたった一人ではなく、気の合う「相棒」とともに紡いださまざまなストーリー。
その物語は国をひっくり返す革命から街角の小さなハンバーガーショップまで、男同士に彼氏、彼女、親子に夫婦・・・と本当に幅広いけれど、そのすべてに共通するメッセージはひとつ。
「人生の中で、たった一人でもいい、信頼しあえる絆をもった相棒を見つけて生きよう」。
森永さんと、相棒がいたら人生こんなに素敵じゃん、って話をたくさんした。

ONE+ONE=相棒がいれば・・・

楽しみは倍。悲しみは  ゼロになる。
いつも笑っていられる。
ルールにとらわれない生き方ができる。
可能性に挑戦できる。
どん底から立ち直れる。
性格のままに生きられる。
閃きを正解にできる。
世界ブランドをつくれる。
ホームグランドを持てる。
階級、金、学歴を超えられる。
革命を成し遂げられる。
新しいジャンルを創りだせる。
町で楽しく暮らしていける。
人生のすべてをYESにできる。
月に行ける。
オオカミとも戦える…

最後は特に気になる・・・でしょ?

ほんとはもっとあるんだけどさ。
そんで、この本を読んでいると、その相棒を見つけて笑って生きていくために、自分自身、どう生きていったらいいのか? そんなヒントが山ほど詰まってる。
っていうか、オレ自身が、一番考えさせられちゃったりする。
本を創ってる側のくせして、いつもこれだ。
ま、これは毎度のことだけどさ。でも、自分自身が考えさせられちゃうような、泣いちゃうような、そうやって心動かされる本じゃなければ、もとから出版する理由もないもんね。そんなもんがみんなの心を動かすはずもなし。

そんなこんなで、今回の本も、出来るのを一番楽しみにしているのは、自分なのでした。


posted by minoru | comment (0) | trackback (0)

トラックバック

Listed below are links to weblogs that reference つくる、つくる、またつくる。:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。