What's New

« FF Christmas Live!!レポ! | メイン | 明けましておめでとうございます! »

たかが紙。されど紙! /youhei

[ 2006.12 月.27 ]

20061227152812
※社内にある用紙見本帳の一部。

本において、用紙はとても重要な要素です。

使う用紙によって、重い本にも軽い本にもなります。
用紙の柔らかさによって、めくり易さも大きく変わります。
表面の平滑度によって、写真の色合いもまったく変わります。

書店で本を手に取った瞬間に感じる重さ、めくった感触、色の映え方・・・
すべてがその本の纏うオーラになります。

例えばうちの本の場合。
人生の地図】 若干重めで、張りがあり、写真はテカり過ぎずほどよく映える。
Adventure Life】 写真は少し沈むが、柔らかく、軽く、少しラフな質感。
と、こんな感じですね。
その本の世界観をうまく表現できるよう意識してるんです。

「あぁ、なんかこの本好きだなぁ」と思うひとつの要素に、
もしかしたら使われている用紙の存在があるかもしれません。

ちょっと本棚にある好きな本を引っ張り出して、
使われている用紙を気にしてみると面白いですよ。



で!
最近は、『自由への扉』の用紙選びに奮闘中です。

デザイナーのミノルさんと共に、イメージを話し合いながら、
数え切れない用紙見本とニラメッコしたり、
気になる本を見せながら、紙屋さんと話したり・・・。


この本で使われている紙みたいにさ、
ちょっとラフな感じで、柔らかくて。
でも、写真の映え方は、こっちの本のこんな感じだな。
あまりテカテカしてないんだけど、沈み過ぎない。
こっちの本だと、ちょい沈みすぎ。
質感は、もうちょっとザラついたのがいいなぁ。
う~ん、でもこれだと若干硬い気がするな。

ミノルさんとのイメージ共有するときの話は、こんな感じ。
用紙選びって、なかなか難しいんですよ。

さぁ、今回はどんな用紙になるのか。
発売を楽しみにしておいてくださいね!

posted by youhei | comment (2) | trackback (0)

トラックバック

Listed below are links to weblogs that reference たかが紙。されど紙!:

コメント

youhei

そうなんですよ。
意外と重要な紙!
今度からぜひ気にして見てくださいね!!

yohei fujii

毎日楽しく拝見してます。
本を出すまでにこんな過程があったとは...知りませんでした。
確かに写真など載せる場合には
紙ってかなり重要そうですね。
勉強になりました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。